公認会計士は安定性と将来性ある魅力ある仕事

どんな企業、業者でも売り上げがある以上会計がないという企業、業者はありません。お店にしても会計が必要となります。この会計という分野の中でも最も高いレベルに位置するのが公認会計士です。この公認会計士という資格は会計の専門家であり、会計分野のスペシャリストです。

業務は経理や財務以外、会計監査という仕事を行っています。上場企業については内部統制監査が義務化されていますし、国内の企業でもグローバル化が進み国際財務報告基準を導入するという企業もあるので、公認会計士の仕事は大きく広がりを見せています。

公認会計士の仕事の中でも独占業務となるのが財務諸表監査です。企業が作成する貸借対照表等の財務諸表を確認し、財政状況、経営成績について適正表示されているかを、独立している第三者として判断します。企業にとって公認会計士は社会的信用を得る為に必要不可欠な存在です。公認会計士が監査を行うことで企業の信頼性を高めることになり、取引先、また顧客についても安心して取引を行うことができるようになります。

公認会計士という仕事は非常に安定性、将来性共に高い資格です。特に公認会計士の独占業務となっている監査業務はこれから先もなくてはならないものです。決して消えうることのない業務をこなす公認会計士になるためには、もちろん、難易度の高い試験が待っています。会計については企業の大きさ、業務の広さに関係なく、必須知識となりますし、監査業務のほかにもコンサルティングや株式公開支援、国際財務庫報告基準関連サービス等、得ておくべき知識は多岐にわたります。

三大国家資格と呼ばれる公認会計士になるために勉強されている方は大勢いらっしゃいますが、専門的に公認会計士の勉強ができる講座を利用されている方が多いといいます。独学で学ばれている方もいらっしゃいますが、資格試験に視点をあわせた効率のいい勉強をしたいということなら講座を受けることが望ましいのではないかと思います。